チェリーの音楽幕府

音楽の話題が多いと見せかけてそうでもない

新曲完成。

ついにスパマ久しぶりの新曲が完成しました!

考えてみたら『からっぽのポケットの中に』以来じゃん。

あれって確か春だったから、なんと半年ぶり。

う~む、今年は何だかんだでバタバタしていてゆっくり曲を作っている暇がなかったからなぁ。

そんな半年ぶりの新曲は、今までのスパマにはありそうでなかった曲。

テーマは『冬』です。

キーワードとしては、来生たかお薬師丸ひろ子渡辺真知子岩崎宏美etc...

この辺でピンとくる人にはわかってもらえると嬉しい、ズバリ80'sサウンドをイメージしました。

このどこか懐かしいけど新しいサウンドに乗って、スパマが切なく歌い上げます。

ドラマチックでお胸きゅんきゅんのこの待望の自信作、明日のライブで初披露しちゃいます!!!

◆12/29(火)  渋谷7thFLOOR/03(3462)4466

♪年忘れ!円山町歌謡夜話 ♪

18:00 OPEN&START (スパマはトリで20時40分~40分のステージです)

前売 \2000/当日 \2500(2オーダー・\1000別)

出演:スーパーマァケット,角森隆浩,まこりん/DJ hb

http://7th-floor.net/

ゆったり楽しめるお洒落な渋谷の店で他では見られない40分たっぷりのステージをお楽しみ下さい♪

実は今日その曲のレコーディングをしました。

まずはゆかりんの歌入れ。

ゆかりんは最近はスパマの世界観をすっかり理解してくれて、まず最初に自分のものとして表現してくれるようになった。

何度か歌ってもらって、色々細かい注文を出すと、すぐに修正してくれる。

この辺は、お互いの独特な言葉が通じ合うようになったのが大きいよね。

俺も注文を出す時に「こういう感じ」「ちっちゃい『ん』」「降りる曲線」「はひふへほ」「子音アタック!」「鼻から出す」「息を漏らす」「余韻を残す」とかとか、結構わけのわからないことを言っていると思うのだが、その独特の意味を最近ではしっかりと理解してくれるので、とてもスムースにレコーディングが進む。

そして何よりゆかりんは、ハモリの素晴らしいセンスを持っている。

スパマの曲のハモリはほとんどゆかりんが担当しているのだが、そのほとんどは普段のリハやレコーディングでの俺のその場の思いつきで生まれる。

その場で思いついたフレーズを、一度歌ったり楽器で弾いてみせると、ゆかりんは即座にそれを覚えて歌えるという特技を持っている。

特にハモリの内声部なんて、フレーズとしてはとても覚えにくいものだったりすることが多いのだが、そんな微妙な音程でもしっかりと身体に理解して覚えてくれる。

しかもそのハモリを主張するのではなく、あくまでもメインのメロディーに溶かす音楽的な歌い方をしてくれるので非常に安心してハモリパートを任せられる。

今回もそんなゆかりんのハモリ炸裂です♪

夢唯もゆかりんも、二人とも最初と比べたら本当に上手くなったよ。

そんな二人の絶妙なアンサンブルをお楽しみに!!!

それにしても新曲が半年ぶりとはビックリした。

今回は本当に産みの苦しみに襲われた。

理由は何かと忙しかったのももちろんなのだが、それだけではない。

最近は機材が発達して、自宅で完パケに近いところまで作れてしまう反面、『曲を作る』=『完パケに仕上げる』ということになってしまったわけで、昔のように曲を作るのが気軽な作業ではなくなってきているのが事実。

昔は、もしくは今でもバンドをやっている人なら、家でギター一本でジャンジャカジャ~ンでいっちょ上がり~!でもOKなのだが、一人で全て仕上げるとなるとそうはいかない。

なかなか昔のようにお手軽にはいかないのよね~

まあでもそうも言っていられないので、これは何とかしなければいけない。

過去に何度かやったことがあるが、『毎日一曲、ギターやピアノの弾き語りで、たとえ駄作でもいいのでとにかく一曲作り続ける運動』をまた始めるか・・・。

とにかく今回はメロディがなかなか降りて来なくて困った。

これをやればとりあえずはメロディを産み出すいいリハビリになる。

実はこれでも部分的に案外いいメロディが出てくることは多くて、今までにもこうして全く別の日に作った曲のいい部分をパーツでつなぎ合わせて一曲を作ったことも過去に何度もある。

今はICレコーダーという便利なものがあるしね♪

よし!来年アタマから一日一曲運動再開するぞ!!!