チェリーの音楽幕府

音楽の話題が多いと見せかけてそうでもない

今更ながらの後追いで聴くユーミンアルバムレヴューーその6ー(1989-1992)

時代はついにバブルに突入し、ユーミンのアルバムもシンクラヴィアを導入したド派手なデジタルサウンドや歌詞の内容などにその影響が色濃く現れるようになってきた。

 80年代前半はクオリティの高いアルバムを連発していたが、前作でその勢いが突然失速したことで一抹の不安を抱えながらも、そんなことにはお構いなくアルバム売り上げはうなぎのぼりに異次元のレベルで上昇して、いよいよバブル絶頂期へ。

 

21.LOVE WARS('89)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181111115706j:plain

バブル絶頂の年にリリースされたこのアルバムは、ジャケットもサウンドもまさに絵に描いたようなバブリー!

相変わらずドッシャンバッシャンキラキラとド派手で本当にやかましいバブリーサウンドで、楽曲はアレレ?だった前作と比べたらやや持ち直しているが、曲によって大きな出来のムラを感じる。

いい曲もあるのだが、全体を通して歌詞もサウンドも聴いていてまるで何かに急き立てられているかのようで、聴き終わるとぐったり疲れる。

まさに色々な意味でバブルという時代を象徴するアルバムと言えるのかもしれない。

ユーミン独特の、本人の多重録音による動きのない機械的でグシャッと密集したクローズドなハーモニーのコーラスはこの辺から始まるのかな?
これは気持ちよくて好き。

 

【この1曲】

『Valentine's RADIO』

このアルバムの代表曲といえば『ANNIVERSARY』なんだと思うが、個人的にあまり好きではないので、めっちゃお洒落な『Uptownは灯ともし頃』と悩みつつもアルバムトップを飾るこちら。

ユーミンお得意のアルバム1曲目冒頭のワクワクするようなお洒落で軽やかなソプラノサックスのイントロから、巧みに転調をからめることで、A〜Fくらいまで構成がたくさんあるように感じる曲。

ほとんどのフレーズが「・タラララ〜・タラララ〜」という全く同じリズムで構成されているのにそう感じさせないという非常によく考えられた曲。

 

22.天国のドア('90)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181111115818j:plain

一曲目はまるでプリンスかと思った。
まあまさしくそんな時代だね。

とにかくバカ売れしたようで、史上初めて200万枚を突破したお化けアルバムとして記録されているようだが、正直言ってユーミンのこの数年前、80年代前半の一連のアルバムと比較すると出来は格段に落ちる。
時代の勢いというのは恐ろしいものだ。

自分がこれまでユーミンにあまりいい印象を持っていなかったのは、もしかするとこの時期にラジオなどでさんざん流れていたのを嫌でも耳にしていたから、というのもあるのかもしれない。

 

【この1曲】

『時はかげろう』

カルロス・トシキ&オメガトライブに提供した曲のセルフカヴァー。
オメガトライブバージョンも好きだったが、ユーミンバージョンもなかなか。

オメガトライブバージョンとキーが半音しか違わず、おまけに後半転調しているので、オメガトライブバージョンを聴いた直後にユーミンバージョンを聴くと同じキーに聴こえる。
超美メロ曲。

 

 23.DAWN PURPLE('91)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181111115847j:plain

4作続いたドッシャンバッシャンキラキラのいわゆるバブリーサウンドが、ここでようやく落ち着きを取り戻してくれた。
バブルの狂騒がようやくここに終焉したか。

そして久しぶりに冒頭から畳み掛けるように4曲も良曲が続く。
これは今後に向けていい兆しと願いたい。

しかしその後は相変わらず曲ごとの出来のムラが大きい。
間に合わせで作ってしまった(実際はそんなことないんだろうけど)ような、首を傾げたくなるような曲も入っている。

 ハウスやワールドミュージックの影響が見て取れる。

 

【この1曲】

『情熱に届かない〜Don't Let Me Go』

サビのメロディは今までのユーミンにはあまりなかったタイプで、とても力強くてグッとくる、ユーミンの新境地。
久しぶりに「ユーミンの名曲!」と呼べる曲かも。

 

24.TEARS AND REASONS('92)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181111120010j:plain

落ち着きを取り戻したかに見えた前作とは打って変わって、冒頭2曲がまた派手派手に戻ってしまって一瞬どうかと思ったが、その後はユーミンらしいミディアムな佳曲が多い。

バブルの時期を乗り越えてかつてのようなお洒落で落ち着いた作風が戻ってきたのは嬉しい。

『So High』では『青春のリグレット』で見せてくれたようなクロマチックな和音上昇が再び現れてニヤリとさせてくれる。

ただここ近作で、これまで一心同体で寄り添ってきたユーミンの曲と松任谷正隆氏のアレンジの齟齬を感じるようになってしまった。
「え、この曲でそのアレンジ?」というちぐはぐさが随所で浮き彫りになっている気がする。
たとえば『ミラクル』などは、曲自体もとてもいい曲だし、ベーシックなアレンジもお洒落で心地いいのに、無粋なオーケストラヒットがぶち壊している。
しかも92年といえば自分の記憶ではオーケストラヒットはもう既にかなり古臭いものになっていたはずなのだが…。

ユーミンのアルバムはそれぞれその時代の流行りものを取り入れているのが特徴だけど、このアルバムにもマイケル・ジャクソンかよ!?というアレンジも。

そしてハウスミュージックへの傾倒は更に深まっている。

 

【この1曲】

『瞳はどしゃ降り』

このアルバムで一番の有名曲はトップの『無限の中の一度』かな。
ただ楽曲自体はサビがキャッチーでとても素晴らしい曲なんだけど、ハウスっぽいアレンジが地に足がついていないような感じがしてあまり好きではないので、このアルバムで数曲見られるかつての曲調に回帰した中のこの一曲。

歌い出しがいきなりⅡm7/Ⅴから始まるのも驚きだが、そのまま解決しないでどんどん展開していく所がいかにもユーミンらしい。

フリューゲルホルンとスライドギターがうっとりするほど気持ちいい。

 

ongakubakufu.hatenablog.com

 

今更ながらの後追いで聴くユーミンアルバムレヴューーその5ー(1985-1988)

ユーミンのアルバムを時代順に1枚ずつじっくり聴くことを始めて、少しずつ時代を追って追体験していくうちに、いつしか「次のアルバムはどんなだろう?」と、ワクワクしてきている自分に気づいた。
同時に当時の時代の空気なんかも併せて思い出すことで、その昔夢中で音楽を聴いていた頃のあの感覚が蘇ってきて、これは思わぬ効果でとても嬉しい。

そして、聴き込めば聴き込むほどユーミンが好きになり、今や完全にユーミンの魅力にハマり込んでしまっている自分がいる。

どうやらユーミンの曲は聴けば聴くほどスルメのように味わいが出てくるようで、以前酷評してしまったアルバムの曲を聴き返すと、「あれ?こんなにいい曲だったのか!」というケースもよくあり、最初の頃はファーストインプレッションのつもりで書いていたのがこれではいかんと思うようになり、今は最低5回は聴き込んでから書くようにしている。

それにしても後追いではあるものの、ユーミンの音楽に出会うことが出来て本当によかった。こんな機会を与えてくれたサブスクリプション音楽配信サービスには感謝するしかない。本当に便利な時代になった。

リアルタイムでユーミン聴いてたら、もしかしたら自分ももっといい曲たくさん書けていたのかな〜…なんて思ったりもして(^o^;)

 

17.DA・DI・DA('85)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181101220115j:plain

前作『NO SIDE』が、めくるめく名曲のオンパレードの超名盤だったことで、それに続く今作もドキドキしながら聴いた。

1曲目はこの時代らしくスクラッチの音から始まる『もう愛は始まらない』だが、イントロでいきなりハードなギターが出てきて、「これはもしや俺の苦手なロック寄りのユーミンか?」と一瞬思ったが、いやいやとんでもない!これも前作同様名曲揃いの名盤だった。

どの曲も楽曲のレベルが高いし、それぞれ趣向を凝らしたアレンジが施されており、とにかくお洒落で手抜きなし!
その丁寧な仕事ぶりは今聴いても古さを感じない。

名曲『シンデレラ・エクスプレス』はその美しさにうっとりトキメイてしまうし、『青春のリグレット』のクロマチックに上昇していくハーモニーは何度聴いても衝撃的だし、『たとえあなたが去っていっても』のコーラスは最初聴いた時は大袈裟だな〜と思ったが、何度目かで突然その力強さに感動してしまう。
どの曲も本当にクオリティが高い!

サウンド面で一聴してすぐに気がつく変化は、何と言ってもデジタルシンセサイザーYAMAHA DX7の導入だろう。
これまでのユーミンサウンドの最大の特徴は、ほぼ全ての曲で聴かれる松任谷正隆氏奏でるフェンダーローズの音色だった。
それがこのアルバムではついに一部の曲で当時世界中で一世を風靡していたDX7のエレピの音色に置き換わった。

どちらかというとくぐもった温かい音色のフェンダーローズと比較して、DX7のエレピは硬質できらびやかで透明感があるので、一聴して明らかにそれまでとアルバム全体の雰囲気が変化したのがわかる。
早速その特徴をふんだんに活かした『シンデレラ・エクスプレス』という名曲が誕生した。

当時あまりに世界中で多用されまくったことで、当時の時代性を強烈に感じてしまう音色ではあるが、楽器一つでこれだけ音楽の雰囲気を一変させてしまうほどのインパクトある音色はやはりエポックメイキングな楽器だったと言える。
ちなみに自分ももちろん大好きで、初代DX7DX7Ⅱの2台所有していた(^_^;)

DX7の他にも、ドラムにゲートリバーブが掛かったりなど、いわゆる80年代後半サウンドに着々と近づいているが、いわゆるドッシャンガッコンといったこれみよがしな感じではなく極めて抑制的な使われ方にとどまり、 安心して聴くことができる。

 

【この1曲】

メトロポリスの片隅で』

アタマから最後までいい曲ばかりのこのアルバムの中でも有名曲は『シンデレラ・エクスプレス』『青春のリグレット』などもあるが、極めつけはこの曲!

メロディ、アレンジ、サウンド全てが不思議なほどどこを切っても完璧で、ユーミンはここにポップミュージックの真髄を極めたのではないか。

特にサビをもう一度繰り返してもいいところをそうせずに「♪私は夢見るSINGLE GIRL〜」と展開する所が溢れ出る才能を抑えきれない感じがして震撼する。

しかもそれだけにはとどまらず更に畳み掛けるようにシンセでそのメロディを追いかける所に至ってはもうどうにでもして〜とメロメロになってしまう。

 

18.ALARM a la mode('86)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181101220403j:plain

このアルバムはシングルになったような有名曲がないので一見地味に感じるが、何度も聴いてみたくなるような味わい深い佳曲ばかり。

『白い服、白い靴』や『20 minutes』のような、どこかコミカルなストーリー仕立ての曲が多く、普段は意識して何度も聴かないと歌詞を聴き取れない自分にも一回ですんなり歌詞の世界が入って来るのは見事。

ユーミンの歌も『ジェラシーと云う名の悪夢』で顕著なように、珍しく(笑)上手く歌おうとしているようでよく声も出ているし、その分歌詞も伝わってくる。

『白い服、白い靴』はかつての『曇り空』を彷彿とさせる歌詞だが、あの頃のような重苦しさはなく、やはりどこかコミカルでフワフワした描写が心地いい。
それにしても女心はわからんね・笑

『Autumn Park』はUTYのスポットニュースで使用されており、山梨県民なら誰もが聴いたことのあるイントロ。
ユーミンの曲だったのか〜!
とてもいい曲。

『3-Dのクリスマスカード』のサビはアレンジ込みで何故か無性にグッとくる。
一体何なんだろう?

サウンド面に関しては、前作で目立ったDX7の音が影を潜め、再びフェンダーローズに戻ったようだ。マンタさんのお気に召さなかったのかな?

ドラムの音が少しずつ派手になりつつあるものの、全体的にはまだまだ落ち着いたサウンドでとても聴きやすい。

聴けば聴くほどスルメのように味が出てくる、地味だけど大好きなアルバム。 

 

【この1曲】

『20 minutes』

特にこの曲は歌詞が非常に面白く、アレンジもそれに合わせてどこかすっとぼけた味わいで、何度も聴きたくなる摩訶不思議さ。
その秘密を探りたくなる。
「いやだ久しぶりね」の歌い方が最高!

途中でおもむろに脈絡なくオーケストラヒットが出てくるのは、ま〜この時代らしい。

 

 19.ダイアモンドダストが消えぬまに('87)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181101220526j:plain

前作では落ち着きを見せていたサウンドだったが、ここに来て一気に80年代後半のいわゆるド派手なバブリーサウンドに突入!
そのデジタルな肌触りはこれまでとは明らかに一線を画す。
このタイミングだったか〜。

調べてみると今作からシンクラヴィアを導入したとのこと。

シンクラヴィアか〜…、当時雑誌などで「1億円近くする世界一高価な楽器」として存在は知っていたが、「日本で所有しているのは加山雄三だけ」などというまことしやかな噂が囁かれるほどで、当然のごとくそんな庶民にはとても手の届かないような楽器は楽器屋さんにも置いているはずはなく、一体どんな音がするのかはいくら想像を膨らませてもサッパリわからなかった。

どうやらサンプラーでもありFMシンセでもありワークステーションでもあり、当時出来ないことはないとまで言われるほど万能で画期的な楽器だったようだ。

だから何でも出来る分、DX7のようなその楽器特有のコレといった個性的な音があるわけでもなく、音色としてはとらえどころのない正体不明な楽器だったことは仕方のないところか。

まあとにかくこのアルバムのデジタルな質感はそのシンクラヴィアによるもののようで、ドラムの音はドッカンバッシャンとにかく派手でうるさくなり、打ち込み主体のデジタルで硬質なサウンドになった。

しかしそれにより相対的に歌のレベルが小さくなってしまった。
今回の歌詞の世界は以前にも増して更に研ぎ澄まされた感があり非常に面白いのに、歌が小さくなったことでせっかくの歌詞が聴き取りづらくなってしまったのは残念。

とはいえ楽曲のレベルは相変わらず非常に高く、今回も良曲揃い。

全体的に派手な音作りではあるが、ラストの『霧雨で見えない』は今までのようなアナログで暖かいサウンドで安心させてくれる。

 

【この1曲】

『ダイアモンドダストが消えぬまに』

キャッチーなメロの『思い出に間にあいたくて』と迷ったが、ここはやはり表題曲で。

聴いていて気分がワクワク高揚してくるポップでお洒落で本当に素敵な曲。
それなのにこの曲がシングルじゃなかったというのが驚き。
といっても歌詞は意外と寂しかったりするのね。

イントロでは「あ〜ジョー・ジャクソンが好きだったのね〜」というのが伝わり過ぎるくらい伝わってきて微笑ましい(^_^;)

 

20.Delight Slight Light KISS('88)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181101220621j:plain

さて、前作では一気にバブリーサウンド全開に変貌したわけだが、今作のサウンドは前作から更にドッカンキラキラと派手さを増し、ドラムがとにかく硬くて耳に痛くてうるさい。
前作はそれでも相変わらず高クオリティの楽曲が揃っていたのだが、今作は…、あれれ?ユーミンどうしちゃった???と言いたくなってしまうくらい楽曲が低調な感じ。

まるでこれまで曲にかかっていた魔法が一気に解けてしまったかのよう。

ここまでずっと連続して何作も生涯愛聴したいほどの愛聴盤を連発してくれていたのが、ここに来てさすがのユーミンにも疲れが見えてきたか。
売上は凄かったようだが、この先どうなってしまうのか一抹の不安が募る。

 

【この1曲】

『リフレインが叫んでる』

そんな中でも唯一この曲だけは別格。

冒頭の「♪どうしてどうして僕たちは出会ってしまったのだろう」というフレーズは、これをキャッチーと言わずして何をキャッチーと言うのかと思うほど超強力で、ユーミンの楽曲の中でも一二を争うくらいのキャッチーなメロディと歌詞の融合ではないだろうか。

 

ongakubakufu.hatenablog.com

 

今更ながらの後追いで聴くユーミンアルバムレヴューーその4ー(1982-1984)

前作、名盤『昨晩お会いしましょう』からいよいよユーミンの80年代快進撃が始まった。

13.PEARL PIERCE('82)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181024212414j:plain

前作『昨晩お会いしましょう』に引き続き、落ち着いたAORサウンドに更にブラック・コンテンポラリー要素が加わった感じで、聴いていてとても心地よい。

 これも前作同様、1曲目の『ようこそ輝く時間へ』のイントロが始まった瞬間の名盤の予感ひしひしのワクワク感がハンパない。
そしてその後の展開もその期待を裏切らない、お洒落で落ち着いた良曲が満載。

ユーミンの楽曲と松任谷正隆氏はじめ制作陣が冴え渡っている。
この時期の絶好調が伝わってくる。

 

【この1曲】

『DANG DANG』

このアルバムで有名曲と言えば『真珠のピアス』と並んでこの曲かな。

かなり渋めのメロディの曲が多い中で、この曲は特にキャッチーで耳に残る。

 

 

14.REINCARNATION('83)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181024212434j:plain

『昨晩お会いしましょう』『PEARL PIERCE』と2枚連続で傑作が続いて、次もと期待したが、おっと何だこれは???

 これまではアルバム冒頭の1曲目で「おっ!」とワクワクさせてくれたが、これはその感覚は全くなく、それどころかアタマから2曲続けてダサダサで正直ガッカリ。

とはいえもちろんこの時代の作品を現代の感覚で振り返っているわけで、当時の「時代性」を加味しなくてはいけないことは充分承知しているつもりだが、それにしたってこれはちょっと…。

そもそもREINCARNATIONというタイトルからして仰々しいし、アルバム全体を通して、「姫、ご乱心!?」と言いたくなるような、どこか浮足立って地に足がついてない印象。

2作続けて落ち着いた良作を作ったことでイメージチェンジを図ろうと冒険したのかもしれない。

ユーミンの場合は、ロックに寄せてくると途端にダサくなるのかな〜。

 

【この1曲】

『NIGHT WALKER』

そんなわけでこの中から1曲を選ぶのも難儀だが、強いて選ぶとすればこの曲か。

浮足立った雰囲気の中で唯一前2作のような落ち着いた音作りで、地に足がついている感じ。

 

 15.VOYAGER('83)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181024212454j:plain

前作では驚かされたが、ここでは落ち着きを取り戻してくれたようでホッと一安心。

楽曲は、当時アイドルへの楽曲提供が盛んだったことを反映してか、 メロディアスでポップな佳曲が並ぶ。

個人的にはこのアルバムでユーミンがヒット曲のメソッドを完全に掴んだような気がする。

 

【この1曲】

『不思議な体験』

このアルバムの有名曲と言えば『ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ』と『時をかける少女』だと思うが、そのどちらもいいが自分が一番好きなのはこの曲。

とにかくサビのメロディとハーモニーには神が舞い降りている。

 

16.NO SIDE('84)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181024212511j:plain

このアルバムはとにかく2曲目からの
ノーサイド
『DOWNTOWN BOY』
『BLIZZARD』
という怒涛の名曲3連発が強力すぎる!

この3曲だけでもう完全にノックアウトレベルなのだが、更にB面の
『破れた恋の繕し方教えます』
『午前4時の電話』
『木枯らしのダイアリー』
の地味ながら隠れた強力3連発畳み掛けも凄い。

『破れた恋の繕し方教えます』なんかはイントロで「えっ、CCBか!?」と一瞬あ然としてしまうだが、歌が入れば大丈夫(笑)。
サビなんかホントにキャッチーで最高のメロディ。
ルイス・ジョンソンのベースは正直うるさい(^o^;)

それにしてもよくぞこんなにいい曲を集めたものだ。
ノリにノッてるユーミンの文句無しの傑作アルバム。

しかし自分は『SHANGRILAをめざせ』だけはダメ(;´Д`)
あまりにもギャップが激しすぎるが、こういう振れ幅の大きさもユーミンの特徴の一つなのだろう。

 

【この1曲】

『BLIZZARD』

本当に名曲揃いのこのアルバムだが、自分にとってはやはり、ある時この曲と同じ状況の吹雪の中スキー場に向かう車の中で偶然聴いて感動し、それまで聴かず嫌いだったユーミンを改めて聴いてみようと思わせてくれたこの曲に感謝したい。

本当にアレンジも含めてよく出来た素晴らしい名曲で、特にサビの「♪包め〜世界を〜」で、ⅥマイナーからⅥメジャーに変わる瞬間の、歌の伸ばしにエレピの上昇フレーズが追い越していく所がギリギリ際どくてスリリングでドキドキして何度聴いてもたまらない(*°∀°)=3

 

ongakubakufu.hatenablog.com

 

高橋ユキヒロ『Saravah Saravah!』

f:id:ongakubakufu:20181025134306j:plain

1978年発売の高橋ユキヒロ『Saravah!』。

数年あと追いだったが、子供の頃の自分にとって多大な影響を及ぼし、まさに擦り切れるほど聴き倒した「超」をいくつ付けても足りないほどの超名盤。

そんな名盤がこの度、40年の年月を経てヴォーカル新録音でリミックス(!)・リマスター盤として現代に蘇った。

早速聴いてみると、薄皮が何枚も剥がれ、全ての楽器がまるで目の前で演奏しているかのようにクリアになったことで奥行きと立体感が幾倍にも増し、坂本龍一の弦とブラスをふんだんに使った洒脱でゴージャスなアレンジが一層引き立つ素晴らしい出来上がり。

奇跡的に当時のマスターテープが現存しており、リミックス&リマスターが成されたことで、例えば『C'EST SI BON』の冒頭ヴァース直後のスネアのフィルのキレの良さだったり、才気ほとばしる若き坂本教授のハードコア・フュージョン『ELASTIC DUMMY』でのブラスの生々しさで改めてこんなにカッコいい曲だったのか!と気付かされたり、『LA ROSA』のとろけるようなハモンドの音は何度聴いてもいい。

高橋ユキヒロも坂本龍一も当時26歳。この若さでこんな音楽を作れた才能と実力は尊敬するしかない。
26歳にしてエリントンナンバーの『ムード・インディゴ』をカヴァーするなんていくらなんでも渋すぎる。

ふと気づいたのだが、このアルバムがリリースされた1978年というのは、自分にとって好きなアルバムがとても多い。

たとえばYMOにしてみたら結成直前、ユキヒロさんのこのアルバムをはじめ、坂本龍一千のナイフ』、細野晴臣『はらいそ』と、3人とも素晴らしいソロアルバムを作っている。

他に考えてみると、この界隈だけでも大貫妙子『MIGNONNE』だったり、ムーンライダーズだと『NOUVELLES VAGUES』だったりとか、ユーミンの『悲しいほどお天気』とオフコースの『Three and Two』は…どちらも79年か、まあとにかくこの時代は好きなアルバムばかり。

フェンダーローズとウォームなギター、きっと自分はこの年の音が特に好きなんだろうと思う。

翌年の79年になると、ニューウェーヴの嵐が押し寄せ、尖った音ばかりになる直前、成熟しきった最後の幸せで優しい音の中にも、その後の時代を担う若き才能が現れ、ニューウェーヴ前夜の高揚が密かに伝わってくる感じ。

細野さんが『はらいそ』のラストで、曲が終わった後わざわざ走って戻ってきて「この次はモアベターよ!」とエコー付きで叫びたくなった興奮がよく分かる、そんな高揚した時代。

そんな年にまるで何かに引き寄せられるように出会った3人の若き才能が、YMOとして次代の音楽を引っ張っていったのは必然だったのだろう。

今更ながらの後追いで聴くユーミンアルバムレヴューーその3ー(1980-1981)

いよいよここからユーミン黄金の80年代に突入する。

70年代最後の前作『悲しいほどお天気』が名盤だっただけに期待したい。

 

9.時のないホテル('80)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181018165420j:plain

というわけで黄金の80年代の記念すべき1作目。

名盤『悲しいほどお天気』に続くアルバムで、こちらも巷では名盤との誉れ高いようなので楽しみにしていたのだが…、 んーやや期待はずれ。

このアルバムの最大の特徴は歌詞だろう。
これまでどこか私小説風とも受け取ることが出来るものが多かったが、ここでは完全フィクションのストーリーテラーに徹していて、それぞれが一篇の短編小説のよう。

とはいえこの当時は新しい試みで新鮮だったのかもしれないが、歌詞の内容が必要以上に重くて暗くリアリティに欠け、楽曲とアレンジももう一つ冴えない印象。

新境地を切り開こうという意欲を感じ、とても丁寧に作られていることはわかるが、残念ながら自分には合わなかった。

 

【この1曲】

『水の影』

なので1曲選ぶのも中々難儀だが、そんな中でラストを飾るこの曲はかつての荒井由実時代の安定のユーミン王道の曲調で安心して聴かせてくれる。

 

10.SURF & SNOW('80)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181018165455j:plain

 

そんな前作の反動なのか、一転して明るく脳天気な、どポップアルバム。

しかしこの脳天気な世界は今聴くと無性に気恥ずかしく、いたたまれなくなる部分もある。

重苦しいものから脳天気なものへ、あまりにも振り幅が大きくて戸惑ってしまう。

うーむ、この後もこんな感じが続くようだと、ユーミン全アルバムを制覇しようという当ブログの壮大な企画も早くも存続の危機か?

 

【この1曲】

恋人がサンタクロース

とはいえやっぱりユーミンの代表曲といえばこの曲だろう。

アレンジは今聴くとダサダサだが、この歌詞は何度聴いても素晴らしい。
聴くたびにキュンキュンして目が潤んでしまう。

楽曲に関しても、サビの「♪つむじ風追い越して〜」の所の II/VIIm7 - III7 という進行はかなり斬新だったのではないだろうか。

 

 11.水の中のASIAへ('81)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181018165522j:plain

二作続けて両極端に振り切った作品を出したことで、ここは一つリセットの意味もあったのか、アジアをテーマにした企画モノのミニアルバム。

しかしこの試みはかなり成功していて、企画モノとは言えど中々クオリティは高い。

 

【この1曲】

『スラバヤ通りの妹へ』

インドネシアを舞台にした曲で、その後ワールドミュージックブームでインドネシアが注目されるはるか以前に目を付けていたのはさすが。

 純粋にいいメロ、いい曲。

 

12.昨晩お会いしましょう('81)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181018165549j:plain

そして並々ならぬ気合で満を持してという感じでリリースされたと思われるこのアルバムは、1曲目『タワー・サイド・メモリー』のイントロが鳴り響いた瞬間に「あ、これはいいアルバム!」と確信できる、最初から最後まで捨て曲一切なしの良曲ばかりの名盤!

 サウンド的には、時代的にスティーリー・ダンの影響が強く感じられ(「ガウチョ」の翌年)、「街角のペシミスト」のブラスアレンジや「手のひらの東京タワー」や「グループ」の妖しいコード感も素敵。

個人的にユーミンの真骨頂はタイトなリズムの小洒落たAORサウンドだと思うのだが、まさにこのアルバムはそんなサウンド満載。

ちなみに自分がユーミンをリアルタイムで知ったのは、このアルバム収録の「守ってあげたい」の大ヒットだった。

しかし当時ザ・ベストテンなどの歌番組には毎週ランキングされるものの全く出てこないし、曲も毎週ラジオで聴いていたのだが正直子供心に退屈な曲だと思っていた。
しかし37年経って改めて聴いてみると、しみじみいい曲ではないか。

 

【この1曲】

『グレイス・スリックの肖像』

名曲ぞろいのこのアルバム、『A HAPPY NEW YEAR』と最後まで迷ったがどうしても選びきれない!

「フレール・ジャック(アーユースリーピング)」の引用のイントロからドラマチックな中にも抑制的なアレンジの素晴らしい『グレイス・スリックの肖像』には感情を揺さぶられるし、研ぎ澄まされた静謐な空気感を感じる『A HAPPY NEW YEAR』もどちらも本当に素晴らしい曲。

自分にとってこのアルバムは荒井由実初期作品と並んで生涯の愛聴盤になりそう。

 

ongakubakufu.hatenablog.com

 

ミラーレス一眼

自分が現在使っているカメラは7年前に購入したCANONEOS Kiss X4

はじめてのデジタル一眼だったが、現在に至るまで画質に関しては全く不満がなかった。

買った当初は一眼の世界に入ると、いわゆる「レンズ沼」にハマって色んなレンズに手を出したり、「ステップアップ」欲にかられてさらなる上位機種が欲しくなったりするかも、という危惧があったが、自分の場合はスナップの延長以上の高尚な写真は撮らないので幸いそうはならず、安いレンズを何本か買ったくらいで十分満足していた。

そのかわり7年使ってきてやや不満に感じてきたのは、その大きさと使い勝手。

自分の場合は首にかけたまま自転車に乗ることが多いので、出来れば小さければ小さい方がいい。

その他にも動画撮影の際にAFの追随が効かなかったり、PCに保存する際にいちいちUSBにつなぐ上に最近USB接続が不調になり、わざわざカードを抜き差しするのがかなり煩わしくなってきた。

そうなると今の時代その条件に合致し最適なのがミラーレス一眼。

いろいろ調べてみると、各社それぞれ魅力的で目移りしたが、中でも最も魅力的だったのがCANON EOS Kiss M。

今使っているのと同じCANONでアダプターを使えば手持ちのレンズもそのまま使えるし(ほとんど使うことはないと思うが)、ファインダーも付いてるし、Wi-FiでPCに画像を送信できるし、スマホがリモコン代わりになるし、何より魅力的だったのはバリアングルモニター。これが決め手。

自分の使い方はほとんどズームレンズの出番はないので、15-45mmの標準レンズと22mmの単焦点のダブルレンズセットにした。

この他にもしかすると11-22mmの広角レンズが欲しくなる可能性があるが、おそらくそれで自分の使い方では充分だろう。

もう少し値段が下がったら買おうと思っていたが、タイミングよくCANONのキャッシュバックセールが始まったので、この際欲しい時が買い時、ということで思い切って購入。

そして本日ついに届いた!

f:id:ongakubakufu:20181018184319j:plain

大きさはX4と比べてかなり小さくなったが、意外にもずっしりと重量感はある。

f:id:ongakubakufu:20181018184359j:plain

まだ使ってみないと感覚はわからないが、たぶん自分の使い方ならば上の写真の22mmの単焦点をつけっぱにしてコンデジ感覚でどこにでも持ち歩くことになることが多くなると思う。

これから楽しみだ。

今バッテリー充電中。

明日の写真からはコイツの写真になるのでどうぞよろしく。

今更ながらの後追いで聴くユーミンアルバムレヴューーその2ー(1978-1979)

荒井由実から松任谷由実になり、ここからは自分はアルバム単位で聴くのは全て初めてのものばかり。

 

5.紅雀('78)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181010024457j:plain

結婚し松任谷由実名義になって最初のアルバム。

しかし全体を通した印象は浮ついたところが全く無く陰鬱でかなり地味。

楽曲はそれぞれ悪くないのだが、トータルのイメージではブラジルやアンデスなど南米の香りがするアレンジが多く、正直ジジムサい。

 

【この1曲】

LAUNDRY-GATEの思い出』

そんな中でもこの曲の印象は飛び抜けている。とてもいい曲。

イントロは笑ってしまうが。

 

 6.流線型'80('78)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181010024518j:plain

 タイトルは2年後の80年を先取り、と言う意味だろうか。

そんな未来を向いた前向きなタイトル通り、ポップで軽快でワクワクするような良曲が多い。

のちのリゾート要素もこの辺からぼちぼち出てくるのかな。 

 

【この1曲】

『埠頭を渡る風』

 中でもこの曲に尽きる。イントロからエンディングまでどこを切ってもカッコよすぎる。こんなカッコイイ曲が作れたら!!!

何度聴いても心を鷲掴みにしてやまない個人的にユーミンを代表する超名曲。

Aメロのフルートのカウンターメロディが最高!

 

7.OLIVE('79)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181010024533j:plain

 前作でポップ路線に舵を切り、このアルバムでは更にポップ方向に突き進む。

しかし、当時アイドルに曲を提供することが増えてきたこともあってか、歌詞の内容が急に幼くなり、曲調もサウンドもかなり歌謡曲っぽく、今の耳で聴くと正直古臭く感じてしまう。

 ただ彼女の場合、当時は最先端だったのがすぐに他で引用されまくり、一気に陳腐化してしまうということも大いに考えられるので、その辺はしっかりと時系列で追って検証していかないと軽々に判断できないところがある。

【この1曲】

『青いエアメイル』

 そんな中でこの曲は普遍的なアレンジでしっかり曲を聴かせてくれる。

 

8.悲しいほどお天気('79)松任谷由実

f:id:ongakubakufu:20181010024550j:plain

そんな前作を反省してか、初期の作品に立ち返ったかのようなこのアルバムは一転してどの曲も名曲揃いの大傑作!

1曲めのイントロから一気に世界に引き込まれ、アルバム通して軽佻浮薄な所のないしっかり練られた誠実なアレンジで、最後の曲まで思わず正座して聴いてしまい、聴き終わった後の余韻もハンパない。

ユーミンは荒井時代が至高で松任谷時代はちょっとな〜」というこれまでの自分の偏見を見事に打ち破ってくれた。

 初期作品に匹敵する、どころか、ここまで聴いた中で個人的には一番好きなアルバムかも知れない。

 これほどの作品はこのあと出てくるだろうか。

聴き進めるのがますます楽しみになってきた。

『ジャコビニ彗星の日』のサビのど頭のメロディに「♪72年10月9日」という歌詞を乗っけたのは凄すぎてひれ伏すしかない。

 

【この1曲】

『丘の上の光』

 このアルバムの代表曲はたぶん『DESTINY』ということになるのだろうが、他の曲もどれもこれも名曲ばかりで目移りして迷ってしまう。
中でも極めつけはこの曲。惚れ惚れするほどいい曲。
それにしても彼女の歌詞はどの曲も情景がまざまざと目に浮かぶ。

 

ongakubakufu.hatenablog.com