チェリーの音楽幕府

音楽の話題が多いと見せかけてそうでもない

『レッド』山本直樹

f:id:ongakubakufu:20190930032335j:plain

山本直樹の手による『レッド 1969〜1972(1-6)』『レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ(1-4)』『レッド最終章 あさま山荘の10日間』合わせて全11巻を読了した。

連合赤軍関連本は昔からほぼ揃えていて、しかも何度も読み直すほど関心を持っているので、この『レッド』も当然興味は持ってはいたが、自分にとって漫画というのはどうも敷居が高く、おまけに巻数も多いので、これまで手を出すのに躊躇があった。 

しかしながら電子書籍Kindleであればいくら巻数が多くてもかさばることはないので、思い切って一気に大人買いして読み始めたら、これが実に面白かった。

これまで数々の連合赤軍本を読んできて連合赤軍の歴史と概要はしっかり頭に入っているので、同様に関連本の内容に即して忠実に描いてあるこのシリーズも「あ〜これはあの出来事に関して」とか「これはあの本のあのエピソード」のように、スラスラと読み進めることが出来た。

しかし一つ困ったのが、事件に関わった連合赤軍構成メンバーの名前が実名ではなく仮名になっていたこと。
なので読みながら「え〜と吾妻は…あ、◯◯で、岩木は…◯◯か」といちいち頭の中で変換作業をしなければならなかったので、その分余計な時間がかかってしまった。
その辺は逆に予備知識がない方がすんなり頭に入るのかもしれない。

f:id:ongakubakufu:20190930033256j:plain

これまで所蔵の連合赤軍関連本

「面白かった」と書いてしまったが、もちろん事件そのものは面白くも何ともない。
しかもその凄惨極まりない事件の内容が具体的ななビジュアルとして視覚に飛び込んでくるものだから、その衝撃とリアリティは活字本の比ではない。読んでいて何度もスマホを放り投げたくなった。
作者自身もこれを描き進めるのは相当に苦しい作業だったことだろう。

しかしながら、半世紀近く前に起きたこの凄惨な事件が、今までなかったコミックという形で世に遺されるのは意義のあることだと思う。

実際に起きた事件を忠実になぞっているので、結末は最初からわかっている。
そこで、特定の登場人物に常に付いて回る数字の意味に気づいた時、戦慄が走る。
そして、しつこいくらいに全ての登場人物のその後辿った運命がこれでもかと執拗に表示されるという試みも、最初の方の和気あいあいとした学生サークルのノリが段々と変化していく過程を効果的に表現している。

「正義」の意識に凝り固まったいわゆる「意識の高い」者同士が、山岳アジトという世間から隔絶された密室的状況で陥る心理状態、そこで繰り広げられる偏ったイデオロギー思想の「純化」と「暴走」で、より過激でもっともらしいことを言う者に自然と従ってしまい、気づいたときにはもうその場から逃れることができなくなる。
これは連合赤軍に限ったことではなく、人間同じ状況に追い込まれれば決まったように陥ってしまうものであることは数々の歴史が証明している。

この容易に陥ってしまう人間の恐ろしさも、負の教訓として語り継いでいかなくてはならないことであろう。

 

ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ』最終章最終話、無事最後まで見届けた。
全8章73話に及ぶ壮大な物語がここに完結。
その間寝食を忘れるほどに夢中にハマり、どっぷりとこの世界に浸かってきた。

f:id:ongakubakufu:20190929232527j:plain

最終章の結末こそ、ここまで壮大な世界の大風呂敷を広げた割には随分こじんまりとまとめたな…と思ってしまったが、これほどの大作、当然観る者それぞれのストーリーと登場人物への思い入れが存在し、それぞれが理想の結末を描いていたであろう状態の中、観る者全てを納得させる結末などもはや存在しないであろう。
そう考えるとここまで楽しませてくれた製作者が考えたこの結末も自然と受け入れるしかない。

とはいえ、それまでに描かれた壮大なスケールの世界、それぞれをしっかりと描かれた数多の魅力的な登場人物、圧倒的な映像美、その全てをとっても、これまで制作された映像作品の中でも史上最高峰に位置する傑作であることは異論の余地がない。

f:id:ongakubakufu:20190929232602j:plain

何より、いわゆる勧善懲悪とかポリコレ、コンプライアンス、え、ナニソレ?
という具合で、必ずしも正義が悪を挫くとは限らず、主人公かと思われる人物がいとも簡単ににそれも残酷にあっさり殺されていく。
そもそも「絶対正義」という価値観は存在せず、それぞれの登場人物の中に善良な部分と邪悪な部分が必ず存在し、それぞれの「正義」のためには残虐な行為を厭わないというあたりが執拗に描かれている所がとてもリアルで素晴らしい。

最初の方こそ、あまりの登場人物の多さと世界の複雑さで中々理解が出来ず、解説サイトや相関図などを参考にしながら何度か戻って見直したりしたが、いざこの世界が頭に入るとあとは一気にこの世界の中に没入できた。
とはいえ途中で「あれ、この人誰だっけ?」と相関図で確認することも幾度となくあったが。

f:id:ongakubakufu:20190929232756j:plain

全部観終わった今でも、またすぐにでも最初から観直したいが、1話観るだけでかなりエネルギーを消耗して疲労困憊するので、しばらくほとぼりを冷まして、AmazonPrimeVideoで全話無料で観られるようになった頃にまたじっくりこの世界に入り込んで楽しみたいと思う。

今後これほどの作品に出会うことが出来るだろうか?
と思ってしまうくらいの衝撃をこの作品は自分にもたらした。

 

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 全話セット(全10話収録)[初回限定版] [Blu-ray]

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記 全話セット(全10話収録)[初回限定版] [Blu-ray]

 

 

自転車のブレーキ交換

最近自転車の後輪ブレーキがガサガサ音を立てるようになった。
よく見てみるとブレーキシューがかなりすり減っているよう。
ネットで調べると、どうやら自分でも交換できそう。
早速Amazonで取り寄せて交換作業やってみた。
交換後の調整がやや面倒だったが、どうにか交換できた。

ひとりでできるもん!

その後のサイクリングでブレーキは静かで効きが良くなったので大成功!

ネットの記事だと毎年交換するくらいの感じで書いてあったが、かれこれもう5年も乗ってるもんな。ブレーキを自分で交換するという発想が今までなかった。
でももうこれからは大丈V!()v

 

f:id:ongakubakufu:20190919184253j:plain

新しいブレーキ

f:id:ongakubakufu:20190919184259j:plain

新旧ブレーキ 右は相当すり減っている

f:id:ongakubakufu:20190919184308j:plain

取り付け後

 

1円スマホ

カミさんのスマホの調子が悪くなってきたのでそろそろ買い替えを考えていたところ、今使っている物の買い替えで最新機種がなんと1円!というキャンペーンが始まった。

メーカーはFREETELのP6。FREETELと言えばもうつぶれてしまったのだが、その後を引き継いだメーカーによる在庫処分ということなのかな?とはいえ一応最新機種。

1円といっても、かつての大手キャリアがやっていたようなその分を利用料金に転嫁するといったものではなく、純粋に機種代金として。もちろん縛りもなし。
その代わり条件は通信会社を今までのFREETELから引き継いだ楽天モバイルからOCNに乗り換えるということ。
FREETELという通信会社はもう存在しないので、少しでも乗り換えを促進したいということか。

通信料金はFREETELでは音声通話込みで月々約1000円という驚異の安さだったが、OCNに乗り換えても今なら2年間キャンペーンプラス光モバイル割で1000円ちょっとと、今までとさほど変わらない。

実はこれまでもFREETELの端末をいくつか利用してきたが、バッテリー周りに問題があり、どれもピッタリ2年で壊れた。
そんなわけでもうFREETELの端末は使うまいと思っていたのだが、さすがに1円ならば早めに故障したところで痛くも痒くもない。
縛りもないし、2年保てば大ラッキーくらいの気持ちで気楽に使える。

さて、どれだけ使えるかな〜?

f:id:ongakubakufu:20190809093828j:plain

 

ディープインパクト死す

f:id:ongakubakufu:20190731022510j:plain

今から15年前くらいまで、競馬ファンの間ではいわゆる「史上最強馬論争」が絶えなかった。
オールドファンにとってはシンザンシンボリルドルフ、中堅ファンにとってはオグリキャップトウカイテイオー、若いファンにとってはナリタブライアンサイレンススズカエルコンドルパサーテイエムオペラオー等々、競馬ファンが集まればそれぞれの最強馬論争は朝まで尽きることはなかった。

しかし今から14年前、その果てしない論争についに問答無用で決着を付けた馬が登場した。
それがディープインパクト。その名の通り、この馬の圧倒的な強さと戦績とインパクトはそれまでの「俺の最強馬」たちを一瞬で黙らせてしまった。
今でも歴代最強馬としてのこの名に異論を挟む者はいないだろう。それほどまでに圧倒的存在だった。

この馬で思い出すのは2005年の有馬記念
その年ディープインパクトはここまで圧倒的強さで3冠を達成し、いまだ無敗で迎えた年末のグランプリレース。
ここでも当然単勝1.3倍の圧倒的人気で、彼の勝利を疑うものは一人もいなかった。
自分もその無敗での圧倒的勝利をこの目で観たくて、超満員の人で溢れかえる中山競馬場に足を運んでいた。

身動きすら出来ないほどの混雑のスタンドで、ようやく階段に立ち位置を確保すると、目の前に場違いな老夫婦がオロオロしていた。見るに見かねて「ここどうぞ」と隣のスペースをどうにか空けて譲ると、こちらが申し訳なくなるくらいに頭を下げて感謝してくれた。

奥さんの方は特に小柄で、場所を空けてあげたところで背伸びしても馬場は見えなそうだったが、それでも嬉しそうに話しかけてくれた。

「私ね、これ、買っちゃったんですよ」と目を輝かせながら手提げ袋から取り出して見せてくれたのは、ディープインパクト単勝の100円馬券。

「だって必ず勝つでしょ? 思い出になると思って・・・」

あまりに微笑ましくて、ついつい俺はこう答えてしまった。

「大丈夫、必ず当たりますよ」

「そうでしょ? よかったわ」

「それと私ね、ハーツクライは来ないと思うの」

「そうですね、ハーツクライは後ろからの競馬なので直線の短い中山では届かないですね」

と、ひとしきり会話を楽しんだ。

競馬場ではこういう見知らぬ人との刹那の出会いがとても楽しい。

 

そうこうしている間にいよいよファンファーレが鳴り響き、場内は大歓声の興奮のるつぼ。そんな会話もできなくなりみなレースだけに集中する。

スタートするとあとはもう2分半の間16万人の大歓声の渦の中、ゴールする瞬間にはその地鳴りのような轟音は最高潮に達する。

 

そしてレースは終わった。

結果は周知の通り、後ろから行くと思っていたハーツクライがあっと驚く先行策を取り、最後の直線で必死で追い上げるディープインパクトを尻目についにそのまま押し切ってしまった。

 

ディープインパクトが初めて負けた。

 

その後も含めて彼が日本国内で負けた唯一のレースとなった。
その瞬間の競馬場の16万人の雰囲気は今思い出しても何とも形容が出来ない。

自分も今目前で起こった出来事が信じられなくてしばらく開いた口が塞がらず呆然としてしまった。

レースが終わるとすぐに、それまで凝固していた人ごみがふいにドロドロと溶解するかのように流れ始め、気付いた時にはあっという間に老夫婦の姿を見失っていた。 

あの二人はどんな思いでこのゴールの瞬間を見たのだろう。

それを思うと、いまだにこの日のスタンドから見えた光景が、ディープインパクトの敗戦という事実ともに記憶にしっかりと刻み込まれて忘れられない。

f:id:ongakubakufu:20190731022817j:plain

 

ディープインパクトとは、それから5年後、今から9年前に北海道へ旅した時に牧場で再会することができた。

f:id:ongakubakufu:20190731023030j:plain

 

日本競馬に彗星の如く現れた誰しもが認める歴代最強馬ディープインパクト
その圧倒的な強さは競馬ファンの記憶に永遠に刻み込まれて消えることはないだろう。

f:id:ongakubakufu:20190731023437j:plain

 

参議院選挙

 

参議院選挙の結果が出た。

思っていたほどの大きな変動はなく特に面白みはなかったが、まずまず波乱のない順当な結果。

獲得議席で見れば、与党が過半数を獲得し、圧勝と言っていいだろう。

特にこれまで日本の政治で最大の鬼門であり、過去に数多の政権を倒してきた消費税増税を掲げての選挙での勝利は記憶にある限り前代未聞で、この逆風を物ともしない安倍政権の安定感は過去に例を見ない驚嘆すべきものというしかないだろう。

ちなみに自分は何だかんだでまた延期するものとばかり思っていたので、結局撤回のないまま選挙に突入した時には正直今回ばかりは危ないか?と思っていたことを告白する。

随分前から言われていることだが、野党勢はこれまでの55年体制から抜けきれない旧態依然としたイデオロギー的批判ばかりのスタイルでは到底勝ち目はないことにいい加減目を覚まさなければならない。

批判と妨害と足の引っ張り合いばかりで何も中身が無いのはもう国民に見透かされてしまっている事に早く気づいて欲しい。

今のままでは結局残り少ない野党票を奪い合っているだけのことなので、近い将来今の野党勢は壊滅するしかない。

 

ではどうするか。

現在の自民党がいくら強いと言っても、「安倍さんだから支持する」または「他に支持できる政党が存在しないから」という理由の消極的支持の人も多くいることが知られている。

自分もその一人。自民党にも色々不満はあるので、将来自民党よりも優れていると思える政党が現れたら喜んで支持する。是非ともそういう政党が出てきて欲しい。

安倍さんが総裁でいる限りは難しいかもしれないが、安倍さん以降の自民党の票を奪うには、こういう層をターゲットにできる現実的政策立案のしっかりできる政党が出てくれば、今は盤石に見える自民党票を切り崩すのも不可能ではないと思う。

そういう意味では維新には期待しているし、評価もしているのだけれど、なかなか票が伸びないのは、かつての橋下さんのようなカリスマが存在しないからか。

今回の選挙からは国民民主党がそのポジションに気づき始めているような気もするが、旧民主党の色がベッタリと付いてしまっている今のメンバーではいくら頑張ってももう無理だろう。

 

もしくは、いっそのこと自民党よりも更に右に位置する政党があってもいい。

もちろんヘイトスピーチを撒き散らすような過激なものでなく、現実的な世界情勢を読める穏健で誠実な右翼政党。

そもそも国会内で自民党が最右翼という現状も、共産党議席を得ていることを考えるとバランス的にはおかしいと前から思っている。

まあこれにもカリスマ的人物の存在が必須だが。

誰か作ってくれないものかね。上手くやれば需要は大きいと思うよ。

 

そして驚いたのはれいわ新選組NHKから国民を守る党議席を得たこと。

NHKから国民を守る党に関しては、面白半分のノリで投票してしまう人がこんなにもいるのか、と暗澹たる気持ちになっただけだが、注目すべきはれいわ新選組の方。

そもそも自分はこの山本太郎なる人物の過去の言動から、この人を全く信頼に足る人物とはゆめゆめ思えないので、正直ここまで票を獲るとは思っていなかった。

おまけに政策はポピュリズム丸出し、外交安保に関しては全く明らかにしないあたりは胡散臭さ極まりない

しかしながら経済政策や比例の特定枠を使うアイデアなど、相当有能なブレインが付いているものと思われる。

演説はさすが元役者なだけあって巧妙な心理的誘導とある種洗脳的な語り口、その手のテクニックをよく研究している。

この多くの人に目を向けさせる手法は正直脱帽せざるを得なかった。

少なくとも自分は全く支持はできないが、今まで政治に全く関心のなかった多くの人を政治に目を向けるきっかけを作ってくれた功績は評価したい。

 

今回の選挙結果で、個人的には改憲勢力が3分の2に届かなかったことは残念ではあるが、これからもしっかり議論は続けていって欲しい。

とにかく議論することが仕事の国会議員が、それすら許さないなどとはあるまじき問題。

最終的に決めるのは国会議員ではなく国民なのだから、議員の皆さんにはそれまで徹底的に建設的な議論を重ねて改正すべきポイントをしっかり丁寧に国民に示して欲しい。

そうすれば長い間「平和憲法」と刷り込まれてきた国民の間にも、現憲法の問題点は理解が進むのではないだろうか。

それにしてもまさかまさかの国民民主党が国会のキャスティングボートを握ることになるとは思わなかったな(^_^;)

大貫妙子アルバムレビュー 〜その3〜 (1983〜85)

前作までのいわゆる「ヨーロッパ3部作」で世界を確立した大貫さん。
これ以降は格別ヨーロッパにとらわれることなく、更なる幅を広げた独自のポップ路線を広げていく。

 

7. Signifie('83)

f:id:ongakubakufu:20190709042453j:plain

前作『Cliche』でついに本場フランスレコーディングを果たしついにモノホンになったことで、もうやることがなくなってしまい、ヨーロッパ路線はこれにて完了となる。
このアルバムでは新生大貫妙子の新たなる世界を模索する姿が見られて、バラエティに富んだ曲作りをしている。

しかしながら前作まであれ程の凄まじい切れ味を見せていた坂本龍一アレンジはネタ切れ気味なのかキレはやや影を潜め、個人的にはアレンジを分け合う清水信之アレンジには当時からもう一つ馴染めないものを感じていた。

サウンド的にもちょうどこの頃から皆こぞって使いだしたリンドラム(かな?)の音が、どうしても今となっては強烈な時代感を覚えてしまう。

ヨーロッパ路線から脱したものの、新たな世界を確立する試行錯誤の途上中、といった印象のアルバム。

 

【この1曲】

『Recipe』

リンドラムによる打ち込みリズムが多くなってきた中で、この曲は林立夫後藤次利のブリブリベースによる生のリズム隊で安心する。
間奏の坂本龍一のピアノソロも心なしか活き活きとしていてカッコイイ。

途中ユーミンの『12月の雨』のリフが出てくるのも、ドラムが林立夫だけにニヤリとさせられる。
これって元ネタあったんだっけ?

★8

 

8. カイエ('84)

f:id:ongakubakufu:20190709042547j:plain

前作で新たな世界を模索していたが、今作では再びフランスレコーディングでヨーロッパ路線に舞い戻ってしまう。
おまけに既存曲カヴァーのインストも多く、二番煎じ感は否めない。
とはいえフランスレコーディング曲のクオリティは相変わらず素晴らしい。

しかしここでも清水信之アレンジ曲が今ひとつ世界に馴染んでない気がする。

 

【この1曲】

カイエ (Ⅰ)

かつての盟友山下達郎ばりのアカペラ多重レコーディングで、アルバムオープニングのインパクトは抜群。
とはいえ達郎とは全く違う彼女独自の世界を確立している。

★7

 

9. Copine('85)

f:id:ongakubakufu:20190709042826j:plain

アレンジは従来通り坂本龍一清水信之だが、ここではこれまでとは音がガラリと変わり、オマー・ハキム、ウィル・リー、ブレッカーブラザースなどを起用して、生楽器を主体にしたどちらかというとロック寄りのサウンド
当時彼女の興味が向いていたアフリカの影響か、どこか野性味溢れる雰囲気もある。
そんな中でも『春の嵐』の坂本龍一のオーケストラアレンジは安定の美しさで素晴らしいの一言。
『野辺』の歌曲的アプローチも素敵。

ただ、当時の自分はこのアルバムを聴いて、「大貫妙子は一体どこへ行こうとしているのだろう?」と一抹の不安を感じたのが偽らざる心境である。

 

【この1曲】

Les aventurea de TINTIN(タンタンの冒険)

坂本龍一アレンジのこの曲を初めて聴いた時の衝撃は忘れられない。
ゲートリバーヴの効いたデジタルビートに、ブリブリのチョッパーベース、そしてド派手なオーケストラヒットと、それまで聴いたこともないような斬新なサウンドにぶっ飛んだ。
こうして要素を並べてみると今となっては典型的なこの時代を象徴するような時代掛かったサウンドなのかもしれないが、自分の中ではいまだにこの時の衝撃が残っており、今でも充分面白く聴けるのだがいかがだろうか。

とはいえ、このサウンドをわざわざ大貫妙子でやる必要があったのか? というの甚だ疑問ではある。

★7

 

 

ongakubakufu.hatenablog.com