チェリーの音楽幕府

音楽の話題が多いと見せかけてそうでもない

ドラム式洗濯乾燥機が来た!

洗濯。それは家事の中でも大きな比重を占めるもの。
中でも洗濯物干しと取り込みという作業は、数ある家事の中でも最も重労働のうちの一つだろう。
特に物干場が2階にあるお宅では重い洗濯物を抱えての階段の登り下りだけでヘトヘトになってしまう。

そんな重労働を解消してくれる救世主がドラム式洗濯乾燥機なのだが、自分はこれまで乾燥機は高額な電気代が掛かるという先入観があり、正直コストパフォーマンスの面であまり関心がなかった。

しかし最近の乾燥機には「ヒートポンプ式」という新技術が搭載されており、従来と比べて大幅な省エネが実現されていることを知った。
従来の「ヒーター式」は、ドライヤーのように高熱の温風を吹き付けて衣類を乾かす方法。
それに対して「ヒートポンプ式」はエアコンの除湿運転のように熱交換の原理で乾かすもので、電気代がヒーター式と比べて3分の1くらいに抑えられる上に、さほど高温にならないので衣類の痛みも抑えられるとのこと。
おぉぉ、家電の技術は着実に進歩している。
ただ現時点ではヒートポンプ式は各メーカー最上位機種にしか搭載していないので注意が必要。数年後には全ての機種がヒートポンプ式になることを願う。

おまけに我が家は深夜の電気料金が日中の半額以下(夏季は3分の1)という契約なので、これまで日中にしていた洗濯を深夜にするようにすれば、さすがの乾燥機といえども電気代はほぼ気にならない程度に抑えられるのではないか。
今まで洗濯というのは外に干すことを考えると朝のうちにしなければならなかったが、乾燥機があれば時間の観念は消滅するので、この時間帯による電気料金設定を最大限有効に使わない手はない。

というわけで、俄然ドラム型洗濯乾燥機購入に気持ちが傾いた。
もちろん決して安い買い物ではないが、これによって今後洗濯物干しと取り込みという重労働から半永久的に解放されるということを考えるとそれだけでも革命的な価値があり、十分に釣り合いの取れる洗濯、いや選択だと思う。

さらに我が家は花粉症持ちがいるので春の間は全く外に干せず、冬も気温が低いのであまり長い間外に干しておけずに、部屋干しすることが多かった。
そうするとやはりどうしても気になるのが部屋干し臭だった。
しかしこれがあれば天気を一切気にすることなく洗濯ができ、部屋干し臭からも永遠におさらばできるのか!
あらゆる面でまさに家事の革命。これはもう買うしかないではないか。
自分は決して裕福ではないし、酒も飲まないし普段も倹約しているが、その分こういう日常生活にかかる負担の軽減(QOLの向上)こそ最も重視する点であり、この部分でお金を使うことを惜しんではいけないと考えている。

一通りネットで情報を収集して、一番目を引いたのがSHARPのES-W113。
他メーカーとは一線を画すこの鏡面仕上げの先進的なルックスに一目惚れしてしまった。
↓これ

f:id:ongakubakufu:20210615234106p:plain

もうこれしか目に入らず、ほぼ買うつもりで家電店に実物を見に行って触ってみると、前面ドアが意外に硬くて重く、開けるときに結構な力が必要だった。
更にこのドア部分に液晶操作パネルがついている。
毎回開け閉めの衝撃のかかる部分にこの精密機器がつくことで重さを増すこの構造はどうだろう?と思ったら、やはりお店の人曰くこの部分の故障が多いとのこと。カッコいいんだけどね。

そこで涙を呑んで他のメーカーに目を向けると、まずPanasonic製は評価は高いが他のメーカーの同レベルのものと比べると2〜3万割高、日立製は乾燥時に下水臭が逆流する場合があると一部ネットの評価がある。
そこで急浮上してきたのが東芝製、その名もZABOON TW-127X9

f:id:ongakubakufu:20210615234051j:plain
白物家電」と言われる中にあって落ち着きのあるブラウンにゴールドの縁取りがお洒落。
洗濯可能容量は洗濯12kg、乾燥7kgと現行最大クラスで、正直二人暮らしの我が家にはオーバースペックではあるが、こういうものは大は小を兼ねるの言葉通り、少なくて困ることはあっても多くて困ることはない。
問題はサイズが置きスペースにしっかり入るかどうかだけ。
一応きちんと測ってギリギリ入ることを確認して注文したが、実際入れてみるまではドキドキだった。

f:id:ongakubakufu:20210616161236j:plain

届いて設置してみると無事しっかり入った!

実際使ってみると、運転音は意外に静かで、これなら深夜の運転も問題なし。
ただ一つ初回運転時に気になったのは、洗濯物(主に綿製品)のシワ。
しかしこれは届いて最初の洗濯はかなり溜め込んで大量になってしまっていたことで生じたもので、その後あまり溜め込まず、ほどほどの量ならば大丈夫ということがわかって安心した。
更に、脱水後にからまった洗濯物を一旦ほぐしてから乾燥するようにすればとても綺麗に乾燥できることがわかった。
これくらいの手間ならば洗濯物を干していたことを考えたら比較にならないレベルなので、全く手間と思わない。

そしてもう一つの嬉しい機能が、洗剤自動投入機能。
これまで毎回洗剤量を計って投入するのは意外と面倒な作業だったが、これを全て自動でやってくれる。
更に洗剤をあらかじめ1リットル入れておけるので、詰め替え用が丸ごと入る。
これにより、詰め替え用をボトルに移し替える作業も必要なくなるし、それどころか洗剤ボトルを常に置いておく必要も無くなった!これは地味に嬉しい。

f:id:ongakubakufu:20210615234241j:plain

いいことずくめのドラム式洗濯乾燥機だが、唯一の手間がある。
それは毎回乾燥後にフィルターに溜まったホコリを捨てなければならないところ。
しかしそれもこの東芝の機種は、レバーを引くだけでまるで板チョコのようにポコンと簡単にホコリが取れる。これは他メーカーと比較しても非常に優れた機能だと思う。

f:id:ongakubakufu:20210615234311j:plain

それともう一つ、楽しみにしていたのがスマホ連携機能だったが、もっと細かいコースをダウンロードできたりするのかと思ったら、使える機能はごく限られていてこれは期待外れだった。
便利なのは作業終了をお知らせしてくれることくらいかな。

 

f:id:ongakubakufu:20210615234354j:plain

ドラム式洗濯乾燥機が我が家に来て以来、重労働だった洗濯が楽しいイベントに激変した。
数日に一度、電気料金が切り替わる23時を合図にまだ温かい風呂の残り湯を使って洗濯を始め、深夜寝る前に出来上がった洗濯物を取り出して畳むという生活習慣が定着した。
それでもついつい毎回動作中ずっと洗濯機の前に座り込んで窓から中を覗き込み、乾燥後取り出した洗濯物はフカフカで柔軟剤のいい匂いに包まれ、思わず顔を埋めてうっとりしてしまう。

購入に至るまでかなり悩んで熟慮したが、実際使ってみると本当にいい買い物だった。

これからの洗濯はもう以前のような重労働ではなくなり、ボタン一つで全てが済んでしまう楽しい作業になることだろう。

『Us アス』(2019)

f:id:ongakubakufu:20210615230628j:plain

ゲット・アウト』を観たらAmazonprimeのおすすめに出てきた同じ監督の作品。
ゲット・アウト』はまずます面白かったので期待してみたが、こちらは全然ダメ。ちっとも面白くなかった。

登場人物の行動も理解不能だし、敵も肝心なところでトドメを刺さずにどこかに行ってしまったりと行動がチグハグでイライラしてしまう。
音楽とSEでやたらと恐怖感を煽るけど、そのシーンもただダラダラ長いだけで、途中で「早く終わってくれ〜」と思ってしまう。

物語の基幹となる設定も、『ゲット・アウト』でも思ったが、どうも20世紀のSFや『世にも奇妙な物語』チックで発想がやや古臭い。

残念ながら時間の無駄だった。

『ゲット・アウト』(2017)

f:id:ongakubakufu:20210608192759j:plain

Amazonのおすすめに出てきたので、全く予備知識のないまま観た。

黒人の男と白人の女のカップルが初めて彼女の実家を訪れ、一見暖かく歓待されるが、最初はそこはかとない居心地の悪さだったのが、少しずつ「何かがおかしい」が積み重なり、段々と強烈な違和感に膨れ上がっていく過程の描写がとても恐ろしかった。

歓迎と称賛の言葉の裏に潜む無意識であるが故の強烈な差別意識も、現代社会の綺麗事の裏に潜む欺瞞をえぐり出している気がしてそういう意味でも興味深かった。

中盤までの段々と違和感と恐怖が膨れ上がっていく様は実に恐ろしかったが、その理由と結末は案外古典的SFチックでやや拍子抜けした。
「えっ、ああ、それ?」という感じ。
もっと複層的なヒネリがあるのかと思っていた。

しかしそこまでの人々の表情やセリフから感じる違和感の描き方はなかなかに恐ろしく、とても面白かった。

しかし一番怖かったのはテーマ曲かもしれない。
なんだコレ???
イカれてる。←褒めてます

『レヴェナント 蘇えりし者』(2015)

f:id:ongakubakufu:20210608183813j:plain

レオナルド・ディカプリオ主演の2015年公開の映画。

重傷を負い、極寒の荒野に置き去りにされたディカプリオが復讐のために過酷なサバイバルを繰り広げる。

と、ストーリは単純だが、とにかくそのサバイバルがあまりにも厳しく想像を絶する過酷な試練の連続で、観ていて思わず力が入ってしまう。

見渡す限り雪の荒野の景色を最大限に活かした映像美がとにかく素晴らしい。
そんな中でたった一人取り残された孤独も存分に表現されており、荘厳で宗教的美しさを感じる。

おそらくキリスト教の世界観も色濃く表現されているようで、そちらの教養があればより深く感じ入ることができるのだろう。

坂本龍一の音楽も決して主張することなく、その重苦しい低音はあたかも環境音のように物語と映像の重厚さを更に強調する。

息つく間もないほどのひたすらに重苦しい物語だが、その運命の過酷さをこれでもかと存分に表現したディカプリオの命懸けの演技がとにかく素晴らしかった。

ビーチ・ボーイズ『Sunflower』『 Surf’s Up』のアウトテイク集リリース決定!

f:id:ongakubakufu:20210604225428j:plain

ビーチボーイズの結成50周年を記念して、毎年アルバム発売から50年目毎にアウトテイク集が密かにリリースされていたが、個人的に最も楽しみにしていた70年代の名盤『Sunflower』(1970)が、50年目のはずの昨年にリリースされずに(コロナの影響?)ガッカリしていた。
しかしここに来てついに翌年1971年のこれも超名盤『Surf's Up』と共にボックスセットとなってリリースされることが発表された!
早速未発表曲『Big Sur』が公開されているが、これがまた何故この曲がボツになったのか不思議なくらい素晴らしくて、期待は高まるばかり。
これまではサブスクで楽しんで聴いていたが、これは久しぶりにCDで買いたい。

『トランス・ワールド』(2011)

f:id:ongakubakufu:20210528140258j:plain

映画『トランス・ワールド』を観た。

最初は見知らぬ男女が樹海に迷い込んで、出ることができずにひたすら彷徨うよくあるホラー系の映画かと思ったら、後半で驚愕の事実が明らかになっていくという展開は、少ない登場人物でいかにも低予算で作られた映画ならではという感じでよくできていてなかなか楽しめた。

ただ途中この手の映画でありがちな手ブレカットが多用されるのには閉口した。

『約束のネバーランド』Season2

f:id:ongakubakufu:20210522130203j:plain

約束のネバーランド』Season2を観た。

生まれた時から食用に供される運命の子供たちが集団で育てられるファームという設定はモロに『わたしを離さないで』だし、鬼と戦うのは『鬼滅の刃』、人外の存在に人が喰われるのは『進撃の巨人』といった最近のヒット作のいいとこ取り(自分はこれくらいしか知らないけれど)の展開でなかなか面白かったが、一体何が起きるのかハラハラしながら観たSeason1と比べるとややご都合主義が目立ち、ピンチの時に必ず誰かの助けが入って乗り越えるというパターンの連続に、途中で少々飽きてしまった。

主人公の女の子が個人的にあまり好きになれないのもマイナスポイント。
真っ直ぐだが薄っぺらい正義感と優しさでひたすら突進し、結局は周囲を自分の思い通りにさせ、試練を乗り越えて最終的に全てが上手くいく。
特に、厳しい目が突然「優しい目」になる描写はまさに『鬼滅の刃』のようで気持ち悪かった。
原作はどちらも少年ジャンプらしいが、自分は全く読んだことがないがジャンプの主人公というのはみんなこんな感じなのかな?
子供の情操を育むにはいいが、汚れっちまったおっさんにはこの辺がムズムズしてしまう。

しかしレビューを眺めると、どうやらこのアニメは原作からかけ離れたものになっているようで、もしかするとご都合主義に感じた原因はその辺にあるのかもしれない。

実写版映画『進撃の巨人(前・後編)』

f:id:ongakubakufu:20210516163009j:plain

アニメ版『進撃の巨人』をまとめて観て激しく感銘を受けた。
その興奮冷めやらぬまま、実写版の映画もあることを知り、一体この壮大な物語が実写版でどう表現されるのかとワクワクしながら観た。

しかし、これは一体・・・???
製作者はこの映画で何を描きたかったのだろう?
いったいなぜこんなものを作ってしまったんだろう?
という疑問しか浮かんでこなかった。

とにかく物語初期の最大の核となるエレンが巨人と戦うことを決意する動機と、エレンとミカサとの関係性が全く異なる。
もちろん映画化するにあたって原作と設定を変えてくるのはよくあることだが、それにしても最も重要なこの部分から違うのでは、もう最初の段階からこれは「進撃の巨人」ではない。
その最も重要な動機が希薄なので、物語が進んでも巨人と戦うその意味すらわからなくなってしまう。

役者の演技もやたらと大袈裟な表情と台詞回しとオーバーアクションばかりでどういう演出意図なのかが全く意味不明で、演じる役者たちも一体どうしていいかわからないまま撮影が進んでしまったかのようで気の毒だ。

おまけにアニメには一切なかったエロ要素までもが加わる始末で興醒め甚だしい。

ただ特撮畑の監督だけあってCGやセットは見るべきものがあったがそこまで。
映画の中で一番よかったのがラストのSEKAI NO OWARI の曲だったというのがもうね。

これを書くにあたって「はて、ラストどうやって終わったんだっけ?」と、見返してしまうほど、ラストシーンすら印象に残らなかった。
続きがあるかのような終わり方だったが、それもこの出来ではもう無理だろう(役者も欠けてしまっているし)。

大ヒット原作を映画化するにあたって様々な制約や事情があったことをあらゆる面で窺わせるが、それによってこの歴史的傑作の価値が損なわれてしまうのは非常に悲しむべきことだ。

『おちょやん』から『おかえりモネ』へ

f:id:ongakubakufu:20210515160525j:plain

『おちょやん』が終わった。主演が個人的に注目していた杉咲花ということで開始前から楽しみにしていた。
序盤はかなり面白くなりそうに思えたが、前半〜中盤はひたすら怒鳴り合いのドタバタの連続でやかましいばかりで、主役のキンキン声が耳に障り正直観るに耐えなかった。
中盤以降もどんよりした雰囲気が続き、劇中劇がやたらとダラダラ長い割にちっとも面白くなく、最終盤にようやく少しは持ち直してきたかな、というところで終わった。
期待していた杉咲花も時折「おっ?」と思わせる瞬間もあったが前半は気負いすぎが目立ち、終盤の枯れた演技になってようやく彼女らしい凄みが出てきた。
最大の収穫は子役の毎田暖乃さん。終盤に再登場してくれて嬉しかった。
ひとまず最後までリタイアせずに完走できたというだけでも、ここ数年の朝ドラの体たらくの中ではそれでもまあまあマシな部類に入るかもしれない。

やっぱり自分に朝ドラは向いてない、つまらんな〜、と毎回思って今度こそ観るのを止めようと思うが、次作『おかえりモネ』は主演が今自分が最も期待している若手清原果耶で脚本は安達奈緒子という、名作『透明なゆりかご』コンビときたらこれは今度こそ、今度こそは期待せずにはいられない。
輝ける期待の星清原果耶で失敗作を作ることはNHKとしても絶対に許されないので、ここは大きく期待を持ちたいところ。
来週が待ち遠しい。

f:id:ongakubakufu:20210515160511j:plain

 

菅義偉総理について思うこと

 

菅総理にいま一つ見えてこないのは日本をどんな国にしたいのかというビジョンだと思う。
長く続いた安倍内閣が「憲法改正」「戦略的価値観外交」「アベノミクス」のように明確な方針を打ち出していた(それが気に食わない側からは激しく攻撃されるが)のに比べると特にそう感じてしまう。
とはいえ突然退陣した前内閣をそのまま引き継ぎ、長期化するコロナ禍の状況でまだ自身の体制を整える余裕もないのは不運ではあるが、いまだその対応に追われるばかりに見えてしまう。
国会答弁や会見の場などでもう一つ覇気が伝わってこないのもその大きな原因の一つ。
参謀的実務家としては間違いなく有能なのだろうが、国民を引っ張るリーダーシップが必要な総理大臣としてはどうしてもまだ頼りなく見えてしまう。
短期的支持率の上下に一喜一憂する必要はないし、コロナ対応に関しては諸外国と比較してもそれほど悪くはない(国内で批判が出るのは仕方ない)と思われるので、せめて目に見える姿勢として事なかれ的ではなく積極的リーダーシップを見せてほしいところ。