チェリーの音楽幕府

音楽の話題が多いと見せかけてそうでもない

欅坂46@富士急ハイランド

ほとぼりも冷めてきたので先日の欅坂46富士急ハイランドの感想など。

傾斜のない客席なので実際のステージはほとんど見えず、ほぼスクリーンを見るしかなかったのは、まあ後ろの方の席だったのでこれは仕方ない。

ただ、ファンの「おぉぉ〜〜〜⤴️」とか「おい!おい!」とか「超絶かわいい!◯◯!」みたいな掛け声で曲のほとんどがかき消されてしまうのには正直閉口した。

実際聴いていて、実は想像していた以上に口パク以外に生歌要素もあったんじゃないかな?とも感じたのに、その辺もよく聴きとれず残念だった。

個人的には欅坂46の表現する世界は従来のアイドルとは全く一線を画すものだと思っていたのに、ファンの応援の仕方は他のアイドルと何ら変わらないんだな〜というのがちょっと意外だった。

とはいえ別にそれを批判するわけではなくて、大半の人がそういう楽しみ方をしている場に、自分はお呼びでなかったんだな、というのがよくわかっていい経験をした、という話。

何より彼女たちの独特の統制的なパフォーマンスは期待通り素晴らしく、申し分なかった。

特に平手友理奈さんの表現力とカリスマ性はこれはタダゴトではない。彼女はこのままどこまで行ってしまうのだろう?と考えるとどこか一抹の恐怖すら覚えるほど。

今後は生コンサートよりも他人を気にせずじっくり鑑賞できるBlu-rayなどの映像作品で、この欅坂46の素晴らしい世界を楽しませてもらうことにしよう。

これが自分の楽しみ方。

IMG_20170723_1647442_convert_20170731231451.jpg